深川のハティマン保護区で山を発見 – 歌川広重

深川のハティマン保護区で山を発見   歌川広重

富岡Hatimanguの神殿の隣、より正確には彼の右隣には、その庭園で有名な仏教寺院Bettoji Eiaytziがありました。このお寺の領土は、広重を描いたものです。年に一度、3月には、「山の発見」 – やまびききの式典がありました。「山の発見」とは「修道院の開放」とその訪問者のための庭園を意味します。Hatimangu神社とAytaiji仏教寺院はEytijimaの人工島にありました。聖域の庭園も修道院の庭園でした。

構成の深さでは、それは1820年に建てられました、それの儀式的な上昇は通常夏に行われました。「山の発見」の式典とは、人工富士の登頂を想定したものです。広重はこのとき、開花する梅とツツジを描いていましたが、それはできませんでした。おそらく、彼はこのようにこの地域が有名であったすべての季節の祝祭日を1つの彫刻にそれらを結びつけてリストしました。グレーブルーの色合いは後の版でより明るくなりますが、彫刻の一番上を通るボカシストリップはより明るくなります。正方形のカルトゥーシュの色が赤に変わります。



深川のハティマン保護区で山を発見 – 歌川広重