深川のすさきとじゅんみつぼエリア – 歌川広重

深川のすさきとじゅんみつぼエリア   歌川広重

彫刻はユマンツボ地域の雪に覆われた広がりを見下ろすことを意味します – それは1000千坪を意味します。以前、ここでは、Sumidagava川の左岸に、葦が生い茂った浅くていました。将軍徳川家康の命令により、1723年に排水されましたが、土地の質は田植えには適していませんでした。彫刻の左側には深川の木造倉庫が見えます。

景観は捨てられており、人間の存在のヒントでさえありません。川の水域では、木製のバケツの周りに、水面のストロークでしか示されていない水域が浮遊します。地平線からはるか遠く離れてつくば山です。彫刻の上部全体は、見捨てられた雪に覆われた広がりの上空に舞い上がる巨大なワシの姿によって占められています。多分彼は近くにあるVasino Jinjaの神社の主な神の擬人化です。しかし、たぶん、ワシの姿は権力と権威の象徴としてここに現れます。この彫刻はシリーズの中で最も人気のあるものの一つでした。

それ以降のバージョンでは大きな色の変更はありません。正方形のカルトゥーシュの色だけが変わり、それは黄緑色になり、空はより明るい色合いになります。



深川のすさきとじゅんみつぼエリア – 歌川広重