海沿いの女性たち(マタニティ) – Paul Gauguin

海沿いの女性たち(マタニティ)   Paul Gauguin

1899年3月、パチュラは息子を産みました。その息子はゴーギャンがエミールと呼びました。ダニエルソンと他の何人かの研究者はこの出来事と2つの絵の出現を関連付けました。Wildensteinに続いて、それらは通常「マタニティI」と「マタニティII」と呼ばれます。

2番目のキャンバスはより明るく装飾的で、犬がいなくて長距離キャラクターがいません。エルミタージュ作曲は1900年1月にアーティストのヴォラードから送られた10個のキャンバスの一部であり、次のように説明されていた。背景は青い空とオレンジ色の赤い砂です。

「海沿いの女性たち」の絵を描いたゴーギャンは、実際の観察結果、老婆の赤ちゃんを崇拝する場面の図像、そしてPuvis de Chavannesの構成技法を組み合わせました。しかし、絵に取り組んで、芸術家はThree Tahitiansから彼自身の性格を思い出しました。中央に立っている花を持つ女性の姿は、その時代のゴーギャンの絵画の最も安定した画像の1つです。彼女は 特に、映画「月のマリア」や他の作品に登場しています。



海沿いの女性たち(マタニティ) – Paul Gauguin