浅草水田トリノマティ祭り – 歌川広重

浅草水田トリノマティ祭り   歌川広重

Esivaraの四分の一南西の水田にはVasidzinja神社があり、その中に神は鷲として崇められていました。聖域の人気の休暇の1つはTorinomatでした。この見本市は、年に1回、11月の初日に開催されました – 編の日です。この聖域はEsivarの四分の一の窓から、はっきりと見えていました。そして、その中の1つの居間で視聴者はわかりました。聖域自体は左側にあり、シートの端で切り取られています。行列が彼に送られます、多くはすくいの形で長い棒を持っています – これはkumadeです、彼らは成功と富の願いとして役立ちました。行列を見て、尾のない猫。

ヘアクリップの形をした小さなくまだが左側の居間の床に描かれています。彼らのホステスは、明らかにスクリーンの裏側にあり、その端は鳥の様式化されたイメージで装飾されています。窓枠の下の細い帯状の模様も象徴的です。それはスズメの絵です。そして四半期の常連はEsivara-suzumeと呼ばれていました。彫刻の全体的な配色はほとんど変わりません。後のシートで色は明るくそして豊かになりました。長方形のカルトゥーシュの色も変化しています、それは三色 – 赤 – 白 – 青になります。



浅草水田トリノマティ祭り – 歌川広重