浅草川の小松ヶ丘の堤防

浅草川の小松ヶ丘の堤防

この地域では、隅田川は浅草川と呼ばれていました。浅草五門の門の後ろには、浅草ゴゾの政府の米貯蔵庫がありました。米が船で配達されたので、倉庫は8つの停泊所にありました。4番目と5番目の停泊の間に、Subey木の松が成長しました。「Subey」とは「初めから馬まで」を意味します。最初の松は強い風によって壊されました、そして、その代わりに新しいものが植えられました。広がる枝を持つ松のシルエットは、倉庫の建物を背景にして際立っていました;それは川から特に目に見えました。

それほど遠くないところにEsivar地区があり、この地区を訪れる人は松の木「Syubi no Matsu」の下で過ごした夜について話す習慣を持っていました。左手の前景にはYanebuneで覆われた船があり、その甲板上には所有者がおり、所有者は杖のカーテンの後ろにいます。やねねねのためにもう一つの船 – その旅客、明らかに、その乗客は “Esivara”に送られます。暗い空では星が明るく燃えます。この作品では、広重氏が、プランの並置を対比するというお気に入りの技法を使用しています。

後期彫刻の空は、最初のバージョンのように暗いだけでなく、ほぼ黒でもなく、上端に濃い縞がある濃い青です。地平線では明るい黄色の縞模様で強調表示され、ほぼ白い縞模様に変わります。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

浅草川の小松ヶ丘の堤防