浅草の金竜山修道院 – 歌川広重

浅草の金竜山修道院   歌川広重

「冬の季節」を開く彫刻は金竜山の修道院に捧げられています、それ以外の名前は浅草寺です。この修道院は、江戸で最も古く重要な三つの仏教の中心の一つです。左側の手前には雷門の門があります。ニッチには、門の両側に、風の神と雷の神の彫像が設置されていたので、門は「風神神と雷の門」とも呼ばれていました。それらは修道院自体の前に設置されました。

門の入り口は、 “Sinbashi”と書かれた大きな提灯のイメージで占められています – これは、信者が住んでいた地域の名前で、修道院に提灯を渡しました。右側には五層の塔があります。それの隣にシートの中央にもう一つの門があります – Niomon。この門のニッチには修道院を守るモニターの彫刻もありました – ニオ。門の外は菩薩観音に捧げられた本堂でした、それは彫刻で見えません。

雪で覆われた修道院の雄大な建物が彫刻の主な動機です。後期印刷版の最も顕著な違いは、彫刻の前景にある巨大なランタンの色です;それは赤くなり、塔と入り口の門の赤い壁と完全に組み合わさります。



浅草の金竜山修道院 – 歌川広重