洪水 – パオロ・ウチェッロ

洪水   パオロ・ウチェッロ

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会の絵画の上には、残念ながら歴史が残されていない数人の芸術家が働いていました。Paolo Uccelloがこれらの数人のアーティストのうちの1人であることは知られているだけです。サンタマリアノヴェッラ教会での特別な注意は、それを飾るフレスコ画のほとんどでは、緑が優勢であるため、そのように命名された、いわゆる「グリーンアーケード」に値する。

George Vasariは、世界の洪水をUccelloの作品の中で最大の作品と見なす傾向があり、多くの現代美術評論家は彼の見解を支持しています。フレスコ画は、その壮大さを実感しています。もっとも哀れな状態です。「著名な画家の伝記」で、ヴァザーリはこう語っています。

Paolo Uccelloはここで洪水の歴史に関連する2つの聖書の場面 – ノアが箱舟から鳩を解放したときの洪水そのものとそれの終わり – を結びつけました。洪水で見事に視点が作られました。そして、漏斗、渦巻きの効果を生み出して、逃げようとしている人々を吸います。壮大な老人の姿はまだ特定されておらず、画家によって構図のほぼ中央に置かれています。何人かの研究者はこれがノアだと主張している。しかし、ノアの姿は右上と上、アーチの下に描かれています。



洪水 – パオロ・ウチェッロ