池戦国のいいえ、松カサカケマイウ – 歌川広重

池戦国のいいえ、松カサカケマイウ   歌川広重

広重は、有名な池「三族の池」のパノラマを描いています。右手の土手の奥には、「象族八幡宮」の神社があります。その建物は左側の彫刻に見られます。しかし何よりも、この地域は池のほとりに生えている広大な広大な松の木で知られていました。それは仏教の学校の1つ、Nichirenの創設者に捧げられた伝説と関連付けられました。それによると、ニチレンは松の木の下で休むことをやめて、右側の彫刻に示されて、彼の枝に彼の仏教の僧侶の衣服を掛けました。

それゆえ、柵で囲まれた松の名前 – カサカケ松。それの隣に1832年に、記念の石碑が設置されました。江戸では、浅草地区と江戸川地区のメフクジ修道院の地域に、同じ名前の2本の木が知られていました。

右側の彫刻の手前には茶屋があり、屋根の下に赤い提灯があります。最近のバージョンでは、大幅な色の変更が行われています。手前の道と松のある島は暗くなります。ボカスストリップは以前は牛の端に位置していましたが、後のバージョンでは島の輪郭を増やして繰り返します。



池戦国のいいえ、松カサカケマイウ – 歌川広重