永田橋からつくだ島 – 歌川広重

永田橋からつくだ島   歌川広重

1698年に建てられた永太志橋は、函館と佐手の間の隅田川の一番下にありました。地平線上に見える筑田島は緩んでいた。筑田村出身の漁師たちが軍政の指示でそれを注いだ – 爆風。この村の名前は島に付けられました。島の近くの海域では、11月から3月にかけて捕獲されている魚Sirauoが発見されました。

夜に釣りが起こりました。ボートで彼らはライトをつけ、網の助けを借りてそれらを捕まえた。船からの火は遠くから見ることができた。この彫刻は、エイチャバシ橋の下での夜釣りを表しています。前景では、橋の影が、外海に近づくにつれて、色は明るくなります。そして月は海の上に輝いています。フォアグラウンドでのブリッジサポートとボートのパドルは、水の層を通して見られます。川の表面はちらつき、ボートの上の星と光の光を反映しています。奥に、地平線に – 夕日の赤いストリップ。

広重には月夜を描いた絵はほとんどありません。この彫刻は、このシリーズで最も成功したものの1つです。後のシリーズからシート上の暗い前景は彫刻に謎と特別な感情的な着色を与えます。月と星は、ほぼ黒い空を背景にして際立っています。地平線が強調表示され、彫刻スペースが広がります。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

永田橋からつくだ島 – 歌川広重