水彩エチュード – Martin Schongauer

水彩エチュード   Martin Schongauer

中世の絵画はさまざまな象徴性に満ちています。牡丹 – 当時の普通の庭の花 – それは宗教画や祭壇の中で神の三位一体を象徴していました – それはとげのないバラ、「三位一体のバラ」でした。中世では、最も強い癒しと奇跡的な性質は、特に、精神病を治癒し、悪の陰謀をそらす能力が、パイオンに帰されました。

Shongauerの美しい水彩画のエチュード – 開花牡丹の枝を考えてみましょう。本来の水彩画のぼかしや色の透明性はありません。彫刻家の手を感じ、そして芸術家はボリューム、明るさ、色合いを達成し、素材の質感を伝えています。



水彩エチュード – Martin Schongauer