水の中を探している水仙 – Karl Bryullov

水の中を探している水仙   Karl Bryullov

芸術アカデミーで勉強しながら書かれたK. Bryullovの初期の作品の一つ。1819年、アンドレイ・イワノフの階級で、水面に寄りかかった男性の姿、横たわっていた若者が画家のための割り当てとして「設定」されました。

アカデミーの習慣の中で、そのような主題の公演がありました:彼の背中に落ちたモデルは、秋に墜落した死んだアベルやイカロスを描いた、など。モデルは、おそらく、教師自身が水の中を見ながら、水仙として扱うことを提案しました。しかしBryullovは彼が見たものに満足せず、アカデミーに描くことができました。

風景に囲まれた水仙の姿を描くことを決心して、彼は黒い川のストロガノフ庭園に行きました、そして、彼の想像は神話的なイメージで密な庭の茂みで占められましたその滑らかな表面 モデルからの学術研究は完成した絵「水仙」に変わった。この作品はすでに人と自然の間のコミュニケーションというテーマを具体化しています。これはアーティストの作品の主要テーマの1つとなっています。この作品のために、K. Bryullovは芸術アカデミーの2番目の金メダルを授与されました。

見て、水仙の頭はどういうわけか彼の多数の自己の肖像画で有名なBriullov自身の特徴を彷彿とさせます。水仙をイメージした自画像!これは何ですか – 彼自身についての推測、彼が彼自身の後ろに知っているというキャラクターの特徴の表示、そして彼自身への警告: “あなたがキャラクターを蒔くなら、あなたは運命を享受するか?”


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

水の中を探している水仙 – Karl Bryullov