死 孔雀のいる風景 – Paul Gauguin

死 孔雀のいる風景   Paul Gauguin

絵はタヒチでゴーギャンの最初の滞在を指します。頭の上に斧を吊り下げた若いタヒチアンは、アーティストが通り抜けた朝の早い時間に海岸を歩いているという本当の印象です。それは彼の日記 “Noah Noah”に説明されている: “彼の隣には裸の男、彼の隣には背の高いココナッツの木がある。優雅で柔軟な運動をする男は両手で重い斧を持ち上げる。枯れ木

絵の中に斧を持ったタヒチのポーズは、パルテノン神殿の古代のフリーズ、ゴーギャンがタヒチに連れて行った写真からの姿を繰り返しています。ゴーギャン自体の右下隅にあるタヒチ語の碑文「マタモエ」は「死」と訳されていました。ゴーギャンの書物には、そのような壮大でお祝いの風景のそのような名前の説明があります。



死 孔雀のいる風景 – Paul Gauguin