死者の癒しとキリストの誘惑 – Sandro Botticelli

死者の癒しとキリストの誘惑   Sandro Botticelli

芸術家は絵の中で福音のエピソードを描いています。イエス様は40日間荒野で断食し、最後に飢えを経験しました。そして彼に現れた悪魔は、「あなたが神の子であるならば、周りの石を塊にしなさい」と求めました。彼は答えを聞いた:「人はパンだけでは生きてはならない」。

2番目のエピソードでは、悪魔はキリストに彼自身を屋根から投げ出すように説得し、3番目のエピソードでは彼を崇拝するように説得しました。これらの福音書のエピソードは、旧約聖書に記述されているように、前菜では、てるを清潔にするという儀式によって補完されます。悪魔は神を神殿の屋根の上で持ち上げて、そこから自分を投げ出すよう説得しました、なぜなら神は彼の最愛の子の死を許されなかったからです。キリストを高い山に育てて、悪魔は彼が彼を崇拝するならば、彼に世界のすべての王国を約束しました。この誘惑が拒絶された時、天使たちが来てキリストに仕えました。

場面の描写において、Botticelliは彼の同世代の人物の肖像を使います。そして、彼は何が起こっているかの目撃者の役割を果たします。左の作曲の隅には彼自身と彼の教師の息子であるボッティチェリのスタジオでしばらく働いていた芸術家フィリピノ・リッピがいると信じられている。赤いマントの右側の構図の極端な人物は、教皇シクスト4世の甥であるジローラモ・リアーリオです。枢機卿のベストの祭壇近くに立っているグループでは、思慮深く描かれたジュリアーノデッラロヴェーレ、未来の教皇ジュリアスIIを描いた。



死者の癒しとキリストの誘惑 – Sandro Botticelli