死にゆく奴隷 – ミケランジェロ・ブオナローティ

死にゆく奴隷   ミケランジェロ・ブオナローティ

ミケランジェロ・ブオナローティの彫刻「死ぬ奴隷」。彫刻の高さは229 cm、大理石です。16世紀の二十年のミケランジェロの主な作品は教皇ユリウス2世の墓の作品に関連付けられています。教皇の死後、彼の相続人はより控えめな大きさの墓石とより少ない彫像で仕事を再開するためにミケランジェロと契約を結んだ。この版のために、主人は今ルーヴルにいる2人の囚人の像とモーセの像を作りました。

ルーヴル美術館の捕虜「The Dying Slave」と「The Chained Slave」の画像 – ミケランジェロ、おそらく最初のルネッサンスの芸術家がルネッサンスイタリアの悲劇を実現したという最も明確な証拠。この時代の彼の芸術の主なテーマは、彼に敵対する人と軍の解決不可能な対立の話題です。彼の進路上のすべての障害物を一掃する勝者のイメージは、彼に対抗する力との戦いで死んだ英雄のイメージに置き換えられます。

個人の単一目的の前者のモノリシックな性質は、より複雑で多面的な画像ソリューションへの道を拓きます。彼の解放のための闘いで壊された彫刻「死ぬ奴隷」 – 主な正面の視点はより大部分を支配します;しかし、像の迂回路はまた – 耐え難い苦痛の感覚から平和な平和と感情へ – を可能にします致命的な睡眠の体の上に。比喩的で構成的な思考の新しい性質に加えて、ルーブル美術「バウンドキャプティブ」と「死にかけている奴隷」は塑性の形の新しい感覚の例を与えます。

これらの彫像と比較すると、「David」のスタイルは、少し乾燥していても十分に精力的ではないかもしれません。その生きているプラ​​スチックの要素は、先駆けとして、若々しい「ケンタウルスの戦い」の中で突破し、ここでは成熟したミケランジェロの芸術的方法の特徴として、そのすべての力で表現されました。



死にゆく奴隷 – ミケランジェロ・ブオナローティ