正義解放イノセンス – Agnolo Bronzino

正義解放イノセンス   Agnolo Bronzino

1545年、Cosimo Mediciはフィレンツェにタペストリー工場を設立しました。当時、フランドルのタペストリーの巨匠はヨーロッパ中で有名でした。そのため、いわゆる「ラファエルカード」のシスティーナ礼拝堂の有名なタペストリーはイタリアではなくブリュッセルで織られていました。

公認工場では、Bronzinoが膨大な数の厚紙を作成しました。このシリーズの最初の記事の1つは「正義解放イノセンス」です。これはジョセフの聖書の物語からの場面でカートンのシリーズによって続かれました。

この物語は、Cosimo Mediciの支配と、Josephが聖書で描かれている天才政治家の歴史との間の類似性を描くためにBronzinoによって選ばれたと考えられています。このシリーズは20のタペストリーを含みます。フランチェスカ・サルビアティの絵によると、16枚はブロンズィーノの厚紙に、3枚は彼の先生のポントルモの厚紙に、そしてもう1枚は織られていた。織り手が働いていた「聖書のカートン」のどれも私たちに届いていませんでした、しかしいくつかの予備の図面はBronzinoの手によって作られました。

タペストリー自体は無傷であり、それらのほとんどはヴェッキオ宮殿に残っています。さらにいくつかはローマに保管されています。研究者たちは、これらの20のタペストリーが16世紀の装飾的なそして応用された芸術における最も重要なアンサンブルを構成すると同意します。



正義解放イノセンス – Agnolo Bronzino