千住大橋 – 歌川広重

以前は千住地区は隅田川の上流であった荒川の北岸に位置していました。千住観音の像が川の中で発見されたので、このように命名されました。鎌倉時代、今四半期は岡海道にありました。 江戸時代には、奥州道だけでなく三陸道、桜海道、日

阿竹エリア大橋橋の暴風雨

この彫刻には、新大橋が描かれています。それが「新大橋」です。大橋はスミダガバ川沿いに建設されたもので、レゴクバシ橋からそれほど離れていなかったが、旧名称は大橋であったため、新橋は新大橋 –

光俣のダクト わかれのふんわり – 歌川広重

スミダガ川の下流のMannenbassi橋からそれほど遠くなくて、Hakodzakigawaチャンネルはそのメインチャンネルから分離しました。川の2つの枝の交差点で函館の島が形成されました。Mitsumataの名前 &#

Sekiguti – Utagawa Hiroshige地区の水道近くの椿山にある小屋「Basean」

彫刻の中心には、首都に飲料水を供給するためにbakufuの順序で建てられた最大の神田水路があります。井の頭の池で始まり、さらに神田川の河床に沿って関口のダムにたどり着きました。関口大間地としても知られるようになりました。 […]

ニッポリの修道院庭園

日暮里は、上野と飛鳥山の北西、谷中とドカニャマの間に位置していました。東には崖があり、そこから水田、荒川と江戸川の美しい川が広がり、さらに遠くにはウクバと日光の山々が広がっていました。寛永寺の北東には柳中という場所があり […]

青坂坂外戸戸門 – 歌川広重

赤坂五門門から虎ノ門門までの山の谷の北西麓には、ひょうたん形の狭い溜池がありました。池からの過剰な水は、そとぼりに流れました –

エスシバラの四分の一夜明け – 歌川広重

売春宿が置かれていた地区は1617年に創立され、Esivaraと呼ばれていました。しかしすぐに元の象形文字は全く同じに聞こえた「陽気な分野」と取り替えられた。彼は堀に囲まれ、高い木の塀に囲まれていました。1657年の伝説 […]

中川の河口 – 歌川広重

広重には、中川、女木川、そして新川の3つの重要な江戸交通の合流点が描かれています。中川川 –

綾瀬川「鐘のついた鐘」 – 歌川広重

澄田川は千住大橋から東に流れ、その後南に向かい綾瀬川が流れています。それは川のこの部分が見る人に開かれています。町の人々は春にアヤセガヴァのほとりに行きました。ここで彼らはイヴェタミを賞賛し、セミの歌を聞いた。これらの場 […]

レゴクとモト – ヤナギバシ橋のエコイン修道院 – 歌川広重

1657年に江戸で行われた火災には、エコイン修道院の創設の歴史が関連しています。2日間に及ぶ火災の間に、約10万人が死亡しました。あさくさみつ橋にたどり着くことは不可能であり、その多くは隅田川の水に溺れた。その後、このよ […]

オデマテ地区の布製品店 – 歌川広重

オダマート地区は、岡海道で最初の道の駅でした。1594年、千住橋の建設後、おでゅまたの必要性がなくなりました。絹を中心とした卸売衣料品店がここに現れ、貿易が発展し始めました。1738年に、京都に本拠を置く大手商社アイマー […]

神田地区ダイアーズクォーター – 歌川広重

神田地域の江戸時代の初めに、商人地区の近くに職人地区が形成されました。彼らは職業によって共有され、各四半期は特定の職業の名前を付けた。住居にはコンヤテが布を染めました。四半期の北部ではAizomegava川が流れました。 […]

永田橋からつくだ島 – 歌川広重

1698年に建てられた永太志橋は、函館と佐手の間の隅田川の一番下にありました。地平線上に見える筑田島は緩んでいた。筑田村出身の漁師たちが軍政の指示でそれを注いだ –