Sudzikai – 歌川広重のゲートからスクエアエイトストリート

門の向こうには、スジティガイモンが火を防ぐのに役立った広場でした。八つの道はそこから出発しました、それ故に名前 –

深川のマンナム橋 – 歌川広重

深川は、江戸の南東郊外にある地域の名前です。女木川運河と隅田川の合流点には、万年橋と呼ばれる橋があり、これは「10万年」または「長寿」を意味します。7月中旬、日本は解放の祝日を祝っていました。彼は仏教徒でしたが、神道でも […]

広尾地区の古川

江戸の南西にはひろがはらの平野があり、長い間無人のままでした。江戸時代末期、市民がここに群がり始め、広が原の美しさを賞賛しました。次第に、最初のティーショップ、娯楽施設、レストランが現れ始めました、それらの1つ R

深川の三十三間堂 – 歌川広重

三十三間堂 –

金竜山修道院とあずまばし橋の眺め – 歌川広重

金竜山の修道院 –

霧の前哨地 – 歌川広重

丘の上の霞ヶ関 –

墨島神社休日 – 歌川広重

佃島は隅田川の河口に位置しています。17世紀の初め、徳川家康は特別な法令で36人の漁師を江戸に移しました。特に白老の魚を捕まえるために将軍の食卓に届けられました。最初は、彼らは大きな魚市場があった魚岸の日本橋地区に住んで […]

やなぎすま(柳島) – 歌川広重

広重は東の首都の主要な動脈であるスミダガヴァ川とつながっている、一つの河川と江戸の運河で大きな役割を果たしている二つの運河の交差点を示しています。北から北へ、下から上へと北へ向かって流れる。西に直角に流れるEkodzik […]

目黒の元藤 – 歌川広重

新富士より早く、広重は前のシートでそれを示しました、元富士 –

明け方神田明神神宮 – 歌川広重

江戸幕府に軍事政権が樹立される以前は、神田門の近くの平田正門塚にカンダマジン神殿がありました。 。お寺の神々は、女川のみこと平のまさかどでした。

タカラの馬場 – レーシングサークル – 歌川広重

広重は1636年に尾張の家の領土で3人目の射手家エミウの命令によって建てられた、江戸の北西郊外にある訓練競技場の1つを描いています。長さは650メートル、幅は55メートルでした。トレーニング侍だけでなく、弓道大会やぶさめ […]

札幌の浅瀬にある築地萬スキーの西本願寺札幌歌川広重

前の彫刻で描かれたTappozzuの浅瀬の南端には明治時代に政府がヨーロッパ人に定住を許可したAkashite地区がありました。葦で覆われた湿地帯が覆われたという事実のために領土は増加しました。その中で主なのは阿弥陀信仰 […]

すみだがわのほとりの水神の森神社とマサキ領

向こうの島、森の中の隅田川の左岸に、墨田川専用の水神の森の神社がありました。ここでの主な神はドラゴンでした –

すさきの砂州 – 歌川広重

以前、品川は小さな港町でした。しかし江戸時代、品川は東海道の最初の駅となりました。広重の時には、東海道を出発して、別れの宴会をするのが習慣であったシナガワ駅まで一緒に旅行していた人々を護衛するのが習慣でした。ホテル、レス […]

Gohya-Kurakan Monastery(500 Arhats)のSadzaeの寺院 – 歌川広重

ラカンジー寺院は17世紀に中国から来た禅仏教の方向性の一つである小sh集に属していました。彼は、Hondze地域の東のTategawa川とOnagigawa川の間の田んぼの中にいました。ごやくら館館の建物はすべて中華風で […]