須村村の元ハチマン保護区 – 歌川広重

17世紀半ばまで、福川の東にあるすさき地区は湾の水面下にありました。1659年、大阪出身の砂村新蔵門が湾の一部を排水し、堤防で強化された田んぼがあり、その上に松やチェリーが成長しました。新しい領域は、主催者の名前で、スナ […]

堀切の菖蒲 – 歌川広重

綾瀬川の南西、向越島の北に位置する堀切村は、菖蒲や牡丹の農園で知られていました。その土地は谷間にあり、土は湿っていたので、たくさんの湿気を必要とするアイリスはここでよく育ちました。 江戸時代の後半には、百三十種類の品種の

ソトサクラルからコジマティ方向のバンカボリ水路

広重の描く地域は混雑していませんが、将軍の城の近く、江戸の中心部にあります。右側には堤防があり、その後ろには西の丸城の要塞壁があります。左側に –

あたごと、藪子寺通り – 歌川広重

愛宕山の下の港区のエリアは、大名屋敷や高貴な侍の家が置かれていた江戸の最も貴族的な地区の一つでした。愛宕山の頂上には、右側の彫刻の中に、愛宕神社神社の聖域がありましたが、彼は見えませんが、背景の右側の赤い門が聖域への道の […]

松山と三波堀運河の夜景

江戸時代は、スミダガバから三亜堀運河に向かう水でしかEsivara地区に到着できませんでした。そして、海岸に上陸した後に、三十三運河に沿って日本堤ダムを通って、そして地区に入ってください。ダムは洪水から保護するために16 […]

日本の堤防、エスシバラ地区 – 歌川広重

日本堤防、あるいはダムは、十二世紀前半に徳川家康の命令によって建てられました。日本の全州のDaimyがその建設に参加しました。しかし、この名前には別の解釈があります。 近くにはすでにダムがありました。そして、それは洪水防

駒玉堂とあずまばし橋 – 歌川広重

彫刻は、曲がった屋根と白い石膏で覆われた壁が彫刻の左下の平面を占める、Komakatado寺院からSumidagava川を見下ろしています。Komakatadoはそれが全焼した同じ世紀の終わりに、XVII世紀の半ばに建て […]

千駄木の丹後坂斜面の花館

Sandagiの名前は砂岩の木で覆われていた周囲の森林で薪を収穫した地元の農民の主な取引から由来したと考えられています。それから彼らは販売のために江戸に運ばれました。ここはダンゴザカの有名な斜面で、ダンゴケーキを売ってい […]

ウティガヴァ川上のマサキ神社、セキヤの里村、スイルジンの森神社

Massaki Inari-Mingjin

装飾された街、七夕の休日< – 歌川広重

丹波祭りは日本で最もロマンチックな休暇のひとつです。彼は中国出身です。日本では、奈良時代から祝われています。7ヶ月目の7日目にそれを祝いましょう。習慣によると、刈りたての竹は色のついた紙のリボンで飾られていて、その上に詩 […]

浅草の金竜山修道院 – 歌川広重

「冬の季節」を開く彫刻は金竜山の修道院に捧げられています、それ以外の名前は浅草寺です。この修道院は、江戸で最も古く重要な三つの仏教の中心の一つです。左側の手前には雷門の門があります。ニッチには、門の両側に、風の神と雷の神 […]

愛葉山からCeba近く

愛宕山は江戸の東の山手にあり、そこには大名の屋敷や江戸の高名な武士がいました。広重は愛宕山から街の景色を描き、そびえ立っている築地本願寺とシバウラ湾を描いた。山の上には有名な神社の愛宕神社がありました。 Atago

ばくろうクォーター初田競輪 – 歌川広重

“Bakureote”という名前は馬の貿易業者の名前 –

深川のすさきとじゅんみつぼエリア – 歌川広重

彫刻はユマンツボ地域の雪に覆われた広がりを見下ろすことを意味します –

池戦国のいいえ、松カサカケマイウ – 歌川広重

広重は、有名な池「三族の池」のパノラマを描いています。右手の土手の奥には、「象族八幡宮」の神社があります。その建物は左側の彫刻に見られます。しかし何よりも、この地域は池のほとりに生えている広大な広大な松の木で知られていま […]