歌川広重

王子の滝原領 – 歌川広重

上野の山々から飛鳥山まで伸びる丘は、シュアクジガワ川を渡った。見る人は、王子地域を通る一続きの川の景色を眺めることができます。ここに存在した多くの滝のために、地形は「7つの滝」と呼ばれました。そのうちのひとつ、不動の滝は彫刻の右側に描かれています。その隣には儀式的虐待を行った巡礼者のための天蓋がありました。さらに、あなたは神Bentenに捧げられた洞窟への入り口を見ることができます、それは赤い鳥居でマークされています。聖域自体は丘の上にありました。彼の隣には、口語的にMomijideraと呼ばれるコンゴジ修道院がありました。 修道院とそれに隣接する領土は彼らのもみじで有名でした

Kebasi BridgeとTakegashi Quay – 歌川広重

Kebasigawa川はHattebori運河の上流と呼ばれ、江戸湾方向への船の通行に役立った。Kebasigawa川にかかる橋はKebasiと呼ばれていました。彼は江戸最古の一人でした。日本橋のように電球の形をしたブリッジノブの手すりに。川の下流の北岸は、Takegashi Quayと呼ばれていました。竹を売っている卸売店があり、房総半島やos助の国から筏で供給されていました。

亀戸 – 天川広重の聖域天神の領土

1646年、大鳥信介の修道士が菅原の道の像を切り取り、梅の木、日内から礼拝堂を建て、亀戸の村に彫像を設置しました。これが亀戸の天神神社の始まりです。それは、学者や学生の後援者として、そしてまた雷の神として、亡くなった九州に追放された平安時代の大臣であり詩人である菅原の道三に捧げられました。彼は福岡からそれほど遠くないところにある太宰府天満宮に埋葬されていたため、天神神社は東ダザフとも呼ばれています。 彫刻の前景全体は、夏を象徴する花、ウィスタリアによってとられています。しかし、これらすべての場所のほとんどは藤の開花で知られていました。寺院の領土には池と2対の橋、1つは石、もう1つは木造でした。その形のために、彼らは名前太鼓橋を教えました。木製は男性的、石造り

港区神社サンクチュアリ、天保堂の稲荷橋 – 歌川広重

前景には、広重が2つの商船のマストを描き、そこからイナリバシ橋とハッテボリ運河が見えます。多数の人工水路は、その上にマリーナを設置するには不十分なEdosky Bayの深さによるものでした。船は道路に積み降ろされ、物資を船に積み込んで倉庫の停泊所まで運んだ。

八景坂、吊された鎧の松 – 歌川広重

この彫刻の中で、広重は江戸の遠い環境 –

新宿フェリー – 歌川広重

このシリーズでは、広重は川や運河を渡る交差点を描いていますが、ドックを見せることはあまりありません。交差点は、首都のさまざまな部分をつなぐ手段として大きな役割を果たしました。 手前には、中川の川を渡る新十字の旅フェリーが刻まれています。戦場橋の近くに位置し、2つの集落がつながっていました。亀有村の村と右手側、海岸の反対側に位置していたニジジュクの村です。穏やかな下降が桟橋に至り、その左側に係留されたボートが見え、右側に

浅草水田トリノマティ祭り – 歌川広重

Esivaraの四分の一南西の水田にはVasidzinja神社があり、その中に神は鷲として崇められていました。聖域の人気の休暇の1つはTorinomatでした。この見本市は、年に1回、11月の初日に開催されました –

亀堂梅園 – 歌川広重

江戸の湯島天神寺としても知られる亀戸天神神社の北東には、有名な梅邸宅清家庵と名高い梅園の亀戸梅屋敷がありました。この大邸宅は、その豊富な梅の木で知られていました。かつては着物商人伊勢彦門の住居でした。最も有名なのは、地面に輪状に巻かれた龍の形をした梅の木です。それはGaryubayと呼ばれていました。 木の高さは3メートルに達した。根の厚さは約1.5メートルで、地下に行き、そしてそれから、少し離れて、外に出て、新しい幹を形成しました。枝は地面に降りて、そして絡み合って、また立ち上がった。この木は広重を描いたものですが、一見したところ梅園全体が見えているようです。梅が育った領土は柵で囲われていて、庭に入らずに熟考することができました。西洋絵画の歴史において一定の役割を果たしたのはこのシートでした。

柴シンメイ神社、兄弟姉妹のゾゼジ修道院 – 歌川広重

三十三山山にあるゾゼジ修道院は、朱鷺集の関東地方にある本堂でした。広重は、大門紅門 –

目黒の湯ひの丘と太鼓橋 – 歌川広重

マグロのゲニンザックの斜面にはマグロガワ川を渡る石の橋がありました。この橋のイメージは彫刻の最前線全体を占めています。橋の正式名称はItien-Sotobashiでしたが、橋の支柱がなくても太鼓の形をしていたため、この橋の名前はTaikobashiでした。江戸には似たような形の橋がほとんどありませんでしたが、これは石でできていたのでユニークでした。 ゲニンザックの斜面が位置する標高は南西にあり、そこから夕日の美しい景色が開かれました。そのため、斜面はユヒノクとも呼ばれていました。橋の近くには目黒に3つの有名な寺院がありました。広重が描いた橋からそれほど遠くない場所に、不動不動寺がありましたが、芸術家はそれをシリーズの彫刻のどれにも示していません。丘の向こうにはメオインの寺院がありました。それは、ゲンザックの斜面に名前を与えた修道士のいるゲニンによって設立されました。