歌川広重

王子の滝原領 – 歌川広重

上野の山々から飛鳥山まで伸びる丘は、シュアクジガワ川を渡った。見る人は、王子地域を通る一続きの川の景色を眺めることができます。ここに存在した多くの滝のために、地形は「7つの滝」と呼ばれました。そのうちのひとつ、不動の滝は […]

Kebasi BridgeとTakegashi Quay – 歌川広重

Kebasigawa川はHattebori運河の上流と呼ばれ、江戸湾方向への船の通行に役立った。Kebasigawa川にかかる橋はKebasiと呼ばれていました。彼は江戸最古の一人でした。日本橋のように電球の形をしたブリ […]

亀戸 – 天川広重の聖域天神の領土

1646年、大鳥信介の修道士が菅原の道の像を切り取り、梅の木、日内から礼拝堂を建て、亀戸の村に彫像を設置しました。これが亀戸の天神神社の始まりです。それは、学者や学生の後援者として、そしてまた雷の神として、亡くなった九州 […]

港区神社サンクチュアリ、天保堂の稲荷橋 – 歌川広重

前景には、広重が2つの商船のマストを描き、そこからイナリバシ橋とハッテボリ運河が見えます。多数の人工水路は、その上にマリーナを設置するには不十分なEdosky Bayの深さによるものでした。船は道路に積み降ろされ、物資を

八景坂、吊された鎧の松 – 歌川広重

この彫刻の中で、広重は江戸の遠い環境 –

新宿フェリー – 歌川広重

このシリーズでは、広重は川や運河を渡る交差点を描いていますが、ドックを見せることはあまりありません。交差点は、首都のさまざまな部分をつなぐ手段として大きな役割を果たしました。 手前には、中川の川を渡る新十字の旅フェリーが

浅草水田トリノマティ祭り – 歌川広重

Esivaraの四分の一南西の水田にはVasidzinja神社があり、その中に神は鷲として崇められていました。聖域の人気の休暇の1つはTorinomatでした。この見本市は、年に1回、11月の初日に開催されました 

亀堂梅園 – 歌川広重

江戸の湯島天神寺としても知られる亀戸天神神社の北東には、有名な梅邸宅清家庵と名高い梅園の亀戸梅屋敷がありました。この大邸宅は、その豊富な梅の木で知られていました。かつては着物商人伊勢彦門の住居でした。最も有名なのは、地面 […]

柴シンメイ神社、兄弟姉妹のゾゼジ修道院 – 歌川広重

三十三山山にあるゾゼジ修道院は、朱鷺集の関東地方にある本堂でした。広重は、大門紅門 –

目黒の湯ひの丘と太鼓橋 – 歌川広重

マグロのゲニンザックの斜面にはマグロガワ川を渡る石の橋がありました。この橋のイメージは彫刻の最前線全体を占めています。橋の正式名称はItien-Sotobashiでしたが、橋の支柱がなくても太鼓の形をしていたため、この橋 […]

利根川海岸のバラバラ松 – 歌川広重

江戸は、田んぼ、果樹園、公園、寺院、神社が並ぶ独特の都市、密集した都会的な建物でした。利根川は江戸時代に鯉が豊富で有名でした。広重は利根川の鯉釣りを描いており、これは江戸の町の範囲内で起こります。これは場所の名前を持たな […]

Sugatamihashi Bridge、Omo-Kagehashi Bridge、Dzyriba – 歌川広重村

彫り物の手前の橋は、おまかげはしと呼ばれています。神田水水道を通って移動します。彫刻の背景にある小さな橋は、おそらく菅波橋です。それは明らかに葉の奥にある、氷川明心の志摩神社に通じています。それは1735年に将軍徳川吉宗 […]

津ノ葉の熊野ジュニアス神社

妻の村は内藤新宿地区の隣に位置していました、そしてそれを通ってKui-kaido管は、日本の5つの最も大きい道のうちの1つです。しかし、12の神々が熊野の12の異なる寺院から集められたところにJuniusの熊野聖域があっ […]

六国橋の花火 – 歌川広重

1730年代初頭、第8将軍ヨシムネの統治の間に、飢饉は日本中で激怒していました、コレラは広がりました、100万人以上が死にました。爆風はグランドクレンジングフェスティバルを手配するよう命じました。そして、その重要な部分が […]

浅草川の小松ヶ丘の堤防

この地域では、隅田川は浅草川と呼ばれていました。浅草五門の門の後ろには、浅草ゴゾの政府の米貯蔵庫がありました。米が船で配達されたので、倉庫は8つの停泊所にありました。4番目と5番目の停泊の間に、Subey木の松が成長しま […]