橋ゆうみ – 歌川広重

橋ゆうみ   歌川広重

やつみの橋は「八種の橋」と訳されていますが、数字の8は何かの多様性を意味しています。広重はただ一つ – 江戸城を含むパノラマ、左側に大名屋敷、そして二つの橋 – あぜいけべかしと土山橋を見せている。しかし、この場所からは八つの橋すべてが見えます。これはやつみの橋という名前の別の意味です。この橋は生駒橋とも呼ばれ、日本渓川と合流する江戸城への運河の合流点に位置していました。

彫刻では、その手すりの上部のみが示されており、大群衆は通行人の頂上によってただマークされているだけで – 密接に歩くことによって – ここにはいつもたくさんの人がいました。おそらくそれが、橋の片側に迷子の子供たちに関する情報のある看板が設置された理由です。手前の柳の枝。川には2隻のボートがあり、一方に薪が、もう一方にネットが運ばれています。中央には、遠くには富士山が地平線上にそびえるEdŽдze城が見えます。夏の空にはツバメが急上昇します。

これらの2つのシートを比較すると、早い時期と遅い時期に、後のバージョンの全体的にカラフルな彩度がわかります。最初の印刷バージョンの微妙な色のグラデーションは、以下でいくらか粗くなります。



橋ゆうみ – 歌川広重