楽園 – ヤコポ・ティントレット

楽園   ヤコポ・ティントレット

この絵は1577年の火事の間にひどく傷つけられたドゥカーレ宮殿の大ホールの壁を飾るためのものです。Paolo Veroneseはそれを書かなければなりませんでした、しかし、彼の死後、命令はTintorettoに行きました。

もちろん、彼はそのような大規模なプロジェクトに取り組むために多くのアシスタントを引き付けました、しかし、それはその部分が典型的なTintoretteを見ることを妨げませんでした。奇妙な事実 – この作品の終わりには、世界最大の油絵となりました。



楽園 – ヤコポ・ティントレット