楽園 – サンドロ・ボッティチェリ

楽園   サンドロ・ボッティチェリ

「楽園」を描くためのボッティチェリのアプローチは、その新規性において驚くべきものです。芸術家は物語のテキスト行を広げるという彼の現代の伝統を放棄します。彼はその歌の要約だけを出し、その内容を2つの人物、DanteとBeatriceの簡潔な表現力に集中させ、空の円に囲まれています。

「パラダイス」のイラストでは、ダンテとベアトリスの数字がシートのほぼ全面を占めており、無限に繰り返されている対話は、非常に微妙な色合いの感情を表しています。塗りつぶされていない白い背景の上の線の生きている、衝動的なストロークは、うれしそうな振動の感覚、光で全体の空間の充満感を作り出します。「楽園」のイメージの提案性における図面の影響。円のほぼ無形の輪郭は、軽い空気の無限の感覚を伝えます。震える装飾的なカールから生じる魂の炎は天の光の音を反映しています。芸術家は、彼らの表情、動きの一貫性、彼らの服のひだの遊びにおいて、旅行者の姿における天のビジョンの反映を示しています。

そしてもう1つの特徴がシリーズの最後の図に現れます:Beatrice、これは美しさの具現化、醜くてDanteより背が高いほぼ2頭です!この大規模な区別によって、ボッティチェリはベアトリスのイメージの大きな意味と、おそらく彼女の優越感と、ダンテが彼女の前で経験した自分の無意味さとを伝えようとしたことは間違いありません。肉体的精神的美しさの相関の問題はBotticelliの前に常に起こりました、そして、彼は物思いにふけるMadonnaに彼の金星の異教の美しい体を与えることによってそれを解決しようとしました。ベアトリスの顔は美しくはありませんが、彼女は驚くほど美しく、大きくて震えているような手といくつかの特別な動きの優雅さを持っています。

Dotine ComedyのSong 30を描いた絵の中で、BotticelliはDanteとBeatriceが光の川に沿ってEmpyreus – 最高の空へと上がるのを描いていました。光の流れの中で、ぷっくりと流れる小さなプッティ、そして光の川のほとりに咲く茂みに飛び込む。図の右側は、銀の鉛筆で描いたスケッチであり、インクで修整したものではありません。

私は力と支持、広告になりました:「最も高い上昇の体から我々は純粋な光の中にいます」。「知性の光、愛に富み、善の愛、計り知れない顔、あなたは喜びを見出すことができないという顔それ以外のものはすべてシャイニングのカーテンを隠しています。そこでは目に見えるものはすべて消えています。

コメディの意味は、超自然的な美しさの顕在化という高次世界のネオプラトニックの考えと絡み合っています。そこでは、身体の囚われから解放された魂は、元々のそして最終的なワンネスへの神聖な段階の熟考を通して現れます。



楽園 – サンドロ・ボッティチェリ