椿ポーラモデルソンベッカーの自画像

椿ポーラモデルソンベッカーの自画像

1907年初頭、ポーラ・モデルゾ・ベッカーは再びパリに行き、そこで彼女は集中的に働き続け、絵画のスタイルと技法を改善しました。彼女はしばしばルーブル美術館を訪問しました、そしてこの期間中、彼女の細心の注意は後期古代の肖像画によって引き付けられました。彼らはその期間の彼女の仕事に大きな影響を与えました。

彼女の肖像画の色の移転は、より表現力と表現力を増しています。その一例が、世界的に有名なRilkeの肖像です。また、ポーラモデルゾンベッカーは古代ローマの芸術的な言語と古代ゴシック芸術からインスピレーションを得ました。

1907年に書かれた「椿との自画像」。ポーラは、この穏やかな自画像の中で、花と枯れ、生と死の永遠のサイクルの象徴として、椿の枝を持っています。穏やかな表現と拡大された目は、ルーヴル美術館で見た古代のファユムの肖像画に対する彼女の興味を示しています。

絵の縦長の狭いフォーマット、正面のイメージ、構図の中心 – 過度に大きな目は無意識のうちにユニークなFayessim肖像画との関連を引き起こします。彼女が手にした椿の枝はかろうじてグラフィックでマークされていません;もっと重要なのはこの常緑植物のシンボルです。そして彼自身の早い死の予感。1900年7月26日、彼女は彼女の日記にこう書いている。「私はあまり長くは生きられないことを知っています。でもそれは悲しいのでしょうか?



椿ポーラモデルソンベッカーの自画像