柴シンメイ神社、兄弟姉妹のゾゼジ修道院 – 歌川広重

柴シンメイ神社、兄弟姉妹のゾゼジ修道院   歌川広重

三十三山山にあるゾゼジ修道院は、朱鷺集の関東地方にある本堂でした。広重は、大門紅門 – 修道院の正門の前の広場を描いています。左側の彫刻に見えます。その後ろには三門の門があり、本堂の本堂の屋根が見えます。

それは主要な仏教の中心地であり、そこでは3000人以上の僧侶が同時に勉強しました。講義は素人と外国人に出席することを許されました、そのうちの1人はニコライKasatkinでした – 最初のロシア正教の宣教師。Dzodziedziの右側にはShib Simmeiの神社がありました。この聖域は11世紀に建てられ、伊勢の聖域の神々に捧げられました。建物のスタイルはシムめいずくりで、その特徴は交差する垂木が並ぶ屋根です。劇場公演がありました。

お寺の領土は徳川家の墓地でした。早朝、ゾゼジの僧侶たちは江戸へ行き、施しを集めました。その前に、広重は村人たちの陽気な会社を描きました。この彫刻のその後の版では、地平線上の空の色が赤ではなく濃い紫に変わります。左下隅に濃い灰色の斑点が現れ、その上にHiroshigeという名前の赤いカルトゥーシュが明るく目立ちます。赤い縞がシートの上端を通過します。



柴シンメイ神社、兄弟姉妹のゾゼジ修道院 – 歌川広重