松山と三波堀運河の夜景

松山と三波堀運河の夜景

江戸時代は、スミダガバから三亜堀運河に向かう水でしかEsivara地区に到着できませんでした。そして、海岸に上陸した後に、三十三運河に沿って日本堤ダムを通って、そして地区に入ってください。ダムは洪水から保護するために1620年に建てられました、全国からのdaimyosはその建設に参加しました – おそらくこれはその名前が「日本のダム」を説明します。

背景には、スミダガバと三亜堀の合流点にある今橋橋が見え、その両側には夢色レストランとタケロレストランがあり、夜は明かりが光ります。その後ろには松山山があり、ここには修道院の金龍山山があります。見る人には、向島と呼ばれる隅田川の東岸から山が見えます – 「島の向かい」。

前景にはランタンを身に付けたしもべが付き添う芸者がいて、その一部は彫刻の縁で切り取られています。おそらくこれは最愛の広重、芸者コマンです。川と空は無数の星を照らしています。これはシリーズの最も表現力豊かな夜の風景の一つです。彫刻の初期バージョンのミステリーは2番目の深い夜に変わります:ほぼ黒い空を背景に、星は意志を反映して、より明るく輝きます。前景も黒くなります。また、着物芸者の色にも影響がありました。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

松山と三波堀運河の夜景