札幌の浅瀬にある築地萬スキーの西本願寺札幌歌川広重

札幌の浅瀬にある築地萬スキーの西本願寺札幌歌川広重

前の彫刻で描かれたTappozzuの浅瀬の南端には明治時代に政府がヨーロッパ人に定住を許可したAkashite地区がありました。葦で覆われた湿地帯が覆われたという事実のために領土は増加しました。その中で主なのは阿弥陀信仰学校の西本願寺で、阿弥陀仏崇拝の形をしていました。

もともとは、越前町の近く、浅草にありました。1657年の明治の火事の間に、それは全焼し、タッポッツの浅瀬に再建されました。信者はこの寺を「うきじ御坊」「うきじもんさき」と呼びました。その巨大な屋根は、他の家の上に彫り込まれています。灯台のように海上の船はそれに沿って導かれた。ここは日本各地からの商品が小型船に積まれていた江戸野の港です。これらの場所は釣りでも有名です。

背景には漁船があり、それがネットワークを投げています。寺院の屋根は黄色い乳白色の霧の帯の上に上がっています。後期バージョンの地平線に現れたスカーレットは、暗く、ほぼ黒い帯状のボカシに変わります。色の組み合わせは同じままですが、2番目の印刷バージョンでは、大きな彩度が表示されます。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

札幌の浅瀬にある築地萬スキーの西本願寺札幌歌川広重