木坂坂斜面と赤坂の田池池の遠景 – 歌川広重

木坂坂斜面と赤坂の田池池の遠景   歌川広重

彫刻は将軍の城を囲む外堀 – 外濠に沿って動く侍の行列を表しています。徳川家康の大イベントの一つです。侍の斜面はKinokunidzakaと呼ばれていました。斜面の名前によると大邸宅大名県紀伊だった。

赤坂地区の住宅の屋根が左側に見えます。当初、この地域は赤根山と呼ばれていました。赤いペンキが作られた梯子がたくさん増えていたからです。訳で「赤根山」は「マレノバ強羅」を意味しますが、人々の間で「赤坂」 – 「赤い斜面」という名前がそれに付きました。タイトルに記載されている溜池は、直接彫刻には描かれていません。技術的なエラーの結果として発生したことが知られています。背景には、ほぼ地平線に江戸城の消防塔が見えます。

武士グループの左側には、外堀の水域では漁業が禁止されているというタブレット、日本人研究者の宮尾茂雄がいます。それ以降のバージョンの正方形のcartoucheの背景は黄色の水しぶきで赤く着色されています。端の木々の冠は暗い色合いになります。彫刻の前面の下端には、濃い縞が描かれています。それ以外の場合、これら2枚のシートは色が近いです。



木坂坂斜面と赤坂の田池池の遠景 – 歌川広重