月明かりの夜 – Ivan Aivazovskyのナポリ湾

月明かりの夜   Ivan Aivazovskyのナポリ湾

イタリアでは、Aivazovskyはイタリアでオリジナルアーティストとして開催され、彼は大きな名声を受けました。「私の始まりはこの国に照らされています」と彼は彼の死の直前に再びイタリアに行くつもりで言った。1844年の作品「ヴェネツィアのラグーン。

イタリアでは、アイヴァゾフスキーはウィリアムターナー、風景画の家長、1850年、月明かりの夜にナポリ湾を見て、アイヴァゾフスキーに熱狂的な詩を捧げて会った – イタリア語から翻訳されて、それはこのように聞こえる:王室のマントルのように、宝石が輝き輝くような恥ずかしがり屋のうねり!写真を間違って撮ってしまったのなら、すばらしい芸術家ですが、魅了され喜ばれています。ニーム!」



月明かりの夜 – Ivan Aivazovskyのナポリ湾