月夜の夜の夜 – Arkhip Kuindzhi

月夜の夜の夜   Arkhip Kuindzhi

芸術家によると、Arkhip Kuindzhiによる絵画、 “Dniep​​erの月明かりの夜”は彼の人生全体の主要な仕事であり、彼は彼の人生を通してこの傑作を書きに行った。1880年に開催された彼女だけに捧げられた展覧会で、彼女は本当のセンセーションになりました。

月光の幻影を伝え、空間と気分の伝達のための完璧な構成を見つけるために、Kuinjiは彼のすべての知識と才能を集中させました。この作品は「ドニエプルの月夜」の絵です。この絵は月光の輝きと照明の効果を正確に伝えているので、展覧会に訪れた人は芸術家の技に驚くだけでした。

絵は調和と静けさに満ちています。中古画像は驚くほどシンプルです。描かれた風景に対する視聴者の目は上から落ちています。芸術家は夜空を完全に描写するためにこのテクニックを使った。写真の光源は月です。その冷たい光が雲を照らし、ドニエプル川のやや横揺れする水面に当たる。この微弱な光は、大河、その岸辺の滑らかな流れを見るのに十分です。

多くの場合、Arkhip Kuindzhiは光の芸術家と呼ばれていました。彼は日没、影、月の反射の正確な光透過を学ぶために多くのエネルギーを費やしました。

月光がないにもかかわらず、多くの物体が見えています。小屋は白くなり、木々の暗い葉が見え、厚い草が生い茂っています。

画家による特別な芸術的レセプションの使用は、暗黒の夜の空のイメージの無限大と威厳への鍵でした。この深さは地球の暖かい赤みがかった色合いと冷たい銀色の海と空を対比させることによって達成されます。芸術家は、照らされた場所で暗いストロークを使用するため、特殊で震える光の効果が得られます。



月夜の夜の夜 – Arkhip Kuindzhi