春 – クロードモネ

春   クロードモネ

フランスの気候は温暖で冬は比較的穏やかであると考えられるという事実にもかかわらず、それはまだ湿気と湿気に悩まされています。春を切望する心、そして芸術家の魂 – もっともっともっと!そして、ところで、印象派は春を賞賛し、トーンとセミトーンが豊富で、急激に変化する自然の状態の色合いとしてそれを過渡期として描くために飽きのこないようにそれを描く特別な理由を持っていました。

しかし、公平を期すと、クロード・モネが描いた春はすでに本格的なものになっているということは注目に値します。ここの冬には、彼らが言うように、そして「匂い」はしません。むしろ、すべてが夏を見越して生きています。空はより高く、太陽はより明るく、木は緑で、二人は散歩やピクニックに来ました。極端に不安定な天候は春を証明します:強い風が吹く。彼は若い、新鮮な芝生、さらには木、白樺の木など、地面に向かって曲がって、ほとんど弧を描くように曲がります。芸術家は狂気の突風のほとんど生理学的な感覚を伝えることに成功した。

もう1つは、もちろん、Monetがどのように木の幹を書くのかについての注意を止めます – 曲線、曲線。これが彼の「トリック」なのか、それとも風の影響下にあるかのように思えます – それは言うのは難しいです。結局のところ、白樺の木は非常に若く、彼らは野原で成長し、そして彼らの幹が突然曲げられるだろう理由はありません。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

春 – クロードモネ