春の川岸 – クロード・モネ

春の川岸   クロード・モネ

純粋な色と温度のコントラスト、ストロークのダイナミクス、そしてオブジェクトへの与えられた方向性、素描の欠如、抜本的な執筆 – これらはすべて、偉大なポスト印象派の画家Vincent Van Goghの絵画の特徴的なニュアンスです。これらの機能は、作者の各キャンバスに存在し、多かれ少なかれお互いを支配しています。しかし、芸術家の風景の中では、ストロークの破線とイメージの角度は、人間性のナレーションの中でよりもとりわけ調和していました。

「春の川の浅瀬」 – キャンバス、経験豊富で新鮮な世界のプレゼンテーション。アーティストとしての彼の旅の初めに、Gogは彼自身の演奏スタイルを探していました。”Shallows”の中では、すでに多色の彼の特別な手書きと色の組み合わせの珍しい使用を推測しました。提示された風景は作家に良い気分を与えます、それは非常に単純で、ロシアに似た性質を持つヨーロッパの空間の一部について伝えます。春の川は芸術家を生き生きと自然に変えた。

ゴッホの絵画のリアリズムは彼の作品の始まりの特徴でした。この作品では、マスターのお気に入りの輪郭やオブジェクトの輪郭はありません。これは細部の適用なしで本当の自然の感覚を作成するのを助けました。不均一なオーバーレイオイルの織り目加工の手紙のおかげで、その作品は膨大な量のようです。このテクニックは影と光の研究を必要とせず、最も近いオブジェクトを手前に引きます。風景の構成はとてもシンプルです。それは読みやすく理解できません。

キャンバスには、はっきりとした古典的な建築計画があります。紺碧の存在にもかかわらず、着色は非常に暖かいです。日当たりの良い天気は、別々に成長している木の幹に黄色のハイライトで再生されます。同じ顔料が地平線上の林と川のそばの芝生の絵にも存在します。これは平面を単一の画像に結合した。

スペクトルの暖かい色合いの存在は、春の気分と居心地の良い、新しくて優しい何かの感覚を追加しました。ゴッホは自然の真の目覚めを創り出し、独学で、絵のテクニック、絵の具を触ろうとすること、油の性質、そして彼自身の才能に気づかないでいました。彼は平らなキャンバスにブラシをかけて冬の冬眠を目覚めさせることができました…


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

絵の説明と意味 春の川岸 – クロード・モネ