春のポントワーズ – カミーユピサロ

春のポントワーズ   カミーユピサロ

「咲く果樹園。春」 – ピサロが長い間育てたという絵。彼の作品にはすでに風景がありましたが、彼はポントワーズがまさに春の庭の美しさに不思議な魅力を持っている場所であり、彼が最も独創的な方法で目覚めている自然の美しさを捉えることができると思います。芸術家は特別にここを離れて、気候と自然だけでなく実行のテクニックも変えることにしました。これらすべては、彼の意見では、風景を描くことを可能にし、それは彼の創造的な夢の具体化になるはずです。

ピサロはつぼみに似ているが、その開示の直前にキャンバスのテクスチャ上に作成した。これはキャンバスに適用された多数のポイントの助けを借りて達成されました それらは、形状が異なり、凸状または平坦であるが、それらを互いに押し付けることによって、望ましい結果が達成される。

色彩は豊かで、絵には春の表現力が込められており、障害物に邪魔されていません。豊かな色と組み合わせて精力的な方法で実行されたブラシストロークは、鮮やかな感情で風景を埋め、自然のままの自然の世界に鑑賞者を浸しました。プロットに存在する特定の控えめな表現を魅了します。



春のポントワーズ – カミーユピサロ