明け方神田明神神宮 – 歌川広重

明け方神田明神神宮   歌川広重

江戸幕府に軍事政権が樹立される以前は、神田門の近くの平田正門塚にカンダマジン神殿がありました。 。お寺の神々は、女川のみこと平のまさかどでした。

この寺院は江戸城の北東にあり、江戸の街を守っていました。山王舞里と神田舞里の祭りは、町民の間で広く知られていて、過度の威厳で際立っていました。彼らは将軍と彼の廷臣が出席した。広重は赤い建物の一部を見せた。寒い夜明け

三つの彫刻について:神道の司祭、カンヌッシ、巫女、彼の手に木のバケツを持った若い召使い。彼らは日の出と聖域のテラスからの美しい景色を眺めることができます。広重はエレガントなテクニックを使っています。空、地面、着物に明るさと光を加えます。着物の巫女たちは複雑な模様 – 「雲」を飾っている。後のシリーズのこのシートは修正されました。昇る太陽の光が赤い色調で空を描き、木の下の土の色が前景の緑から黄色に変わり、灰色に変わります。



明け方神田明神神宮 – 歌川広重