早春 – Arkhip Kuindzhi

早春   Arkhip Kuindzhi

絵画は有名なロシアの画家Arkhip Kuindzhiに属します。布は芸術家の最高の風景を指します。絵の中心は氷に囲まれた川です。彼女は春の洪水の前夜に凍りついた – 最初の暖かい日差しを見越して彼女は彼女の力すべてを解放し、すべての彼女の栄光の中で彼女自身を示すことができた。川の氷が割れた。それを通して最初の水がすでに現れ始めて、春が来ています。彼女は緑の芝生、木々の裸の枝、そして青い空に熱心に待っています。春の予感がこの絵をとても魅力的で美しいものにしています。

毎日春が近づくと、最初の芽はすでに絵の左側の芸術家によって描かれた木の上に現れています。冬は春の始まりを止めることはできません。これは、まるで川が無限に行き、森を背景に包む霧のどこかで終わるように、画家によって造られた絵の全体の構成によって証明されます。キャンバスは色と彩度が異なります。彼を見ている人は誰でも、これはただの絵ではなく、差し迫った暖かさ、日光、森林や畑の暴動への賛美歌であることを理解しています。絵画はキャンバスや油絵の具が使用されている、リアリズムの精神で描かれました。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

早春 – Arkhip Kuindzhi