日本橋 – クロードモネ

日本橋   クロードモネ

芸術家の庭は彼の個性を表現するだけでなく、それ自体がランドマークでした。彼の人生のほぼ全期間、モネは庭のある家、アルザンテイ、そしてベテイアに住んでいました。彼はKaybottによる園芸に励まされました。そして、彼はPetit Zhenviyeに素晴らしい庭を持っていて、特別な問題に関して彼と連絡を取り合いました。それらは庭師のために恵まれた時でした。新しい植物はアメリカからそして極東からヨーロッパに持ち込まれました。

1880年代に、苗床を利用できなかった人々は、郵便で種子を注文するという新しい機会を得ました。この新しい事業でブームが始まったのです。モネは貪欲に種の目録を集めて、絵の絵として彼の庭を「整理」しました。例えば、Arzhanteyで行われた彼の録音では、7列のバラの色の分布の写真があります:紫、白、赤、紫、黄色、クリーム、ピンク。ジヴェルニーに初めて到着したとき、彼は家にちょうどフランスの村の典型的な普通の庭園を見ました。モネはすぐにそれをやり直すようになりました:まず第一に彼はそれに特定の「庭」の花を植えることによってそれに幾何学性を与えました:マシュマロ、ダリア、バラ、ナスタチウム、グラジオラス。彼は彼らの開花がほぼ一年中続くようにそれらを植えました。

庭は2エーカーほどを占め、その一部は道路を横切って伸びていました。近くには小さな池がありました。モネは1893年に隣接する土地と共にそれを買いました。地方自治体から許可を得て、彼は水門を通して、近くのエプト川からの水をそこに流すことを可能にして、それをウォーターガーデンにそれを再配置しました。池の周りに、彼は花と低木を植えました:地元の起源の一部 – ラズベリー、シャクヤク、ヒイラギ、ポプラ。エキゾチックな植物の一部は日本の桜、ピンクと白のイソギンチャクです。

2つの庭園は意図的に互いに反対でした。家にあったものはフランスの伝統的な外観を保っていました。道は互いに直角に進み、庭のある部分から別の部分へと続く階段があります。道路の反対側と池の周りの庭は、故意にエキゾチックでロマンチックな印象を与えました。

彼の計画では、モネはしばらくジベルニーを訪れていた日本の庭師のアドバイスに従いました。池には睡蓮が浮かんでいて、庭には登山道と交差する道の迷路が点在していました。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

日本橋 – クロードモネ