日本橋のファーストストリートビュー – 歌川広重

日本橋のファーストストリートビュー   歌川広重

日本橋地区は日本橋の周りにありました。これは、最も繁栄したedosky商人、例えば三菱、三井、Mitsukosiの家の商業施設の住居や商店でした、それらのいくつかの名前は現在知られています。都市美術の全盛期は、金持ちの商人の後援なしには不可能だったでしょう。主に日本橋取引所です。右側の刻まれたカーテンの右側の彫刻には、綿織物を販売している主要企業の1つである「Syrogy」の商標と名前があります。今ではTokehäkkenと呼ばれています。その背後にある彫刻には、そば粉麺で取引されているTokeanレストランが描かれています。

近くにはこのレストランからのメッセンジャーがあり、彼の肩にはトレイがあります。右側はメロン商人です。路上で通行人は紙傘の下を移動します。作曲の中心で、巨大な傘の下で – 芸術家のグループ – ダンス “Sumiesi-Odori” – “Sumiesiの聖域のダンス”のパフォーマー。この踊りの特質は大きな傘でした。その後ろには、手に三味線を付けた綿の着物姿の女性がいます。彫刻の最初のバージョンの緑色の縞模様は、2番目のバージョンで丸みを帯びた形状になっています。空の色の性質も変化しました。地平線上の夕焼けの帯が、明るくなった空を通り抜けて、真っ赤な帯状のボカシの帯になっています。cartoucheの色を作り直しました。



日本橋のファーストストリートビュー – 歌川広重