日本橋と江戸橋 – 歌川広重

日本橋と江戸橋   歌川広重

これは夏に捧げられた30人の最初の彫刻です。春シリーズのように、夏は日本橋のイメージから始まります。この彫刻は、日本橋の北西部から見たEdobasigava川とその堤防の流れを示しています。日本橋と江戸橋の間には有名なわがし魚市場がありました。

観客は日本橋の南岸を見渡し、木造の建物が白い石膏で覆われた倉庫と交互に伸びています。彫刻には、日本橋の上部のみが描かれており、手すりの柱の上から炎の形で認識できますが、上部はシートの縁で切り取られています。川では様々な商品を積んだ動く船。シリーズの他のシートのように、構成は計画の鋭い反対に基づいて構築されています。

手前には橋の上の部分とかごがあり、それは梁のようにクロスバーの上にある牧師によって運ばれますが、彼自身は見えません。かごの中にはサバがいて、その捕獲は3月下旬 – 4月上旬に始まりました。それは太陽が地平線からちょうど出てきている早朝に描かれています。彫刻の第二版の色の処理は、最初の計画で橋の手すりの量を伝えることを試みることに主に焦点を当てていました。印刷するとき、これはより暗い色合いの色を導入することによって達成されます。カルトゥーシュは多色になります。



日本橋と江戸橋 – 歌川広重