日本の彫刻

片岡伝言鷹房 – 歌川国吉

同世代の人たちは、広重の作品の中で、美しさで有名な日本の特定の場所を訪れたことを思い出させてくれました。しかしながら、彼は描写された領域の実際の外観を故意に歪めたという事実のためにしばしば非難されました。それぞれの「不正 […]

本の最後のシートのプリント板とモダンな押印 – 葛飾北斎

この時期は、ukie-eによる芸術の最高の開花期であると考えられています。前半 –

勝利の風、晴れの日「赤富士」 – 葛飾北斎

日本の木版画は角のある木版画です。それのための決まり文句はナシまたはサクラの木の縦断面で作られました。 芸術家のスケッチがボードに重ねられ、すべての線が両側から鋭利なナイフで切り取られました。同時に、木質繊維パターンの滑

矢島喜平光延 – 歌川国吉

しかし、おそらく浮世絵の発展にとってさらに重要なのは、風景のジャンルが浮世絵の影響を受けたジャンルの彫刻に使われるようになったことです。ジャンルの情景や風景は、原則として作曲の点では切り離されていますが、この種の最高の作 […]

ナイトウォーク – 細田アゼイ

彼らは日本で非常に人気があり、有望なカットや光と影のモデリングを悪化させ、画像の立体感を伝えるために、最初に鏡に映し出され、次に虫眼鏡で拡大される装置であるカラクリのぞきを使ってデモンストレーションされました。日本の有名 […]

ミメグリ – シバカンのビュー

初期のUkieは完全な意味で風景と見なすことはできないという事実にもかかわらず、Masanobu、Kokan、およびそれらのフォロワーの活動は、独立した浮世絵ジャンルとしての風景の形成における最初の、しかし非常に重要なス […]

劇場のすべての星をイメージした大規模な「遠近法彫刻」 – 奥村雅信

後者の主なテーマの1つは、オランダの芸術家が多少なりとも成功を収めている風景であり、それは彼らのために新しいイメージ構築テクニックを使用したということです。 西洋画の魅力はかなりのものでした。SibKokanのワークショ

たまがの高野 – 鈴木晴信

1830年代から1840年代にかけて、純粋に形式的な表現力と外的効果への依存がモデルの繊細な気分の移転に取って代わる生気のない編集作品がますます登場する。これはおそらく18世紀後半からの彫刻の主な利点である。衰退の際立っ […]

堀切の菖蒲 – 安藤広重

奥村雅信は、優しく女性らしい俳優 –

美島の朝の霧 – 安藤広重

北斎の風景は、日本の古典画や18世紀の浮世絵と共通点がありますが、同時に根本的に異なるものです。古典的な極東の風景は、本質的に、描かれたものの本当のイメージを無視し、自然の形を通して宇宙の存在についての哲学的考えを具体化 […]

目黒の新しい富士 – 安藤広重

シリーズに加えて、出版社のWoy Eykichiは彫刻がリストされ、そしてグループ化された別のシートを発表しました。「江戸百名」の一枚一枚に同じ種類の文章が付いています。

戦士としての坂東彦三郎III鷺坂サナン – Tusyushay Syaraku

これは彫刻にも当てはまります。このように、特定の地域のイメージとしてのランドスケープの新しい概念は、限られた量であるが、しかしDeshimaからXVIII-XIX世紀に国に浸透したヨーロッパの作品、主にオランダのエッチン […]

芸者攪拌焙煎石炭 – 細田エジー

彼の作品では、風景ukuye-eの特徴は最も鮮やかで完璧な具現化を得ています。 Totoトウモロコシ、東海道五十山ズギノウティなどの初期の広重ランドスケープシリーズでは、創始者の北斎と比較して広重がランドスケープに導入し

江戸平の使用人としての俳優大谷鬼二II – Tusyushai Syaraku

そのうちの1つは、彫刻家による伝統的な狩野と土佐の学校の風景のイメージをそのまま使用するというアーティストの試みと関係がありました。この試みは失敗に終わった。「古典的」な構図の景観シート –

目黒の泰光橋と雪の丘 – 安藤広重

地形の信頼できる画像だけではなく、特定の地形的動機の標高までの高ささえもではなく、人間がそれを体験するというプリズムを通して自然の画像の創造を屈折させ、同時に自然の状態に応じて彼らの特別な気分を作り出す広重が自ら設定した […]