日本の堤防、エスシバラ地区 – 歌川広重

日本の堤防、エスシバラ地区   歌川広重

日本堤防、あるいはダムは、十二世紀前半に徳川家康の命令によって建てられました。日本の全州のDaimyがその建設に参加しました。しかし、この名前には別の解釈があります。

近くにはすでにダムがありました。そして、それは洪水防御としても役立ちました、新しいの出現で、それらのうちの2つがありました。したがって、2番目の名前は最初に修正されました – “Ne” – “two”、 “hon” – カウント接尾辞。その後、最初の2つの象形文字の置き換えと意味の変更が伴い、「日本の堤防」 – 「日本」 – 「日本」と呼ばれるようになりました。堤防はEsivaraの四分の一への入り口につながった。

彫刻の右側に、四分の一の屋根とそれを囲む木々の冠がすでに見えています。四半期の入り口の隣には「Michael Yanagi」と呼ばれる柳がありました。初期バージョンと後期バージョンでは、実質的に色の変化はありません。原版の日本堤防の斜面は、後の版よりも暗かった。



日本の堤防、エスシバラ地区 – 歌川広重