旅行 – エドゥアールマネ

旅行   エドゥアールマネ

1874年の夏、パリ近郊の小さなリゾート地のセーヌ川のほとりにいたエドゥアール・マネは、水上で多くの時間を費やしました。

ボートの中のシーンは、青い虹色の水を背景に描かれています。ところで、芸術家の義理の兄弟である男は、自信を持ってボートの車輪を握り、遠くを見ています。当時とても流行していた青、茶色、そして白の色のとても美しい組み合わせ。



旅行 – エドゥアールマネ