新宿フェリー – 歌川広重

新宿フェリー   歌川広重

このシリーズでは、広重は川や運河を渡る交差点を描いていますが、ドックを見せることはあまりありません。交差点は、首都のさまざまな部分をつなぐ手段として大きな役割を果たしました。

手前には、中川の川を渡る新十字の旅フェリーが刻まれています。戦場橋の近くに位置し、2つの集落がつながっていました。亀有村の村と右手側、海岸の反対側に位置していたニジジュクの村です。穏やかな下降が桟橋に至り、その左側に係留されたボートが見え、右側に – 乗客を乗せて航行しています。マリーナの両側では、レストランは江戸居住者の間で人気がありました。

左側の彫刻には、2階建てのレストラン「Tibatai」があります。レストラン「ふじみや」の屋根は右側にしか見えません。遠くには、地平線上に日光山脈の青い尾根があります。最新版では、カルトゥーシュの色も変更されています。地平線の真っ赤な輝きは、白い定型化された雲に隣接する幅の広い帯に変わった。川の牛は青く、海岸の外には濃い青の縁があります。



新宿フェリー – 歌川広重