文化協定 – ニコラス・レーリッヒ

文化協定   ニコラス・レーリッヒ

文化協定[1931]芸術家、考古学者、歴史研究者として、ニコラス・レーリッヒは文化的価値の破壊という悲劇を最も深く経験しました。彼は世界について語り、世界的に有名なRoerich PactとBanner of the Worldを創り出しました。彼らが人類に打撃を与える前に彼は重大な災害を予見しました – 2つの世界大戦、そして彼は第三世界の大惨事について、彼の心に大きな悲しみで警告しました。彼は人間の意識の成長を助けるためにスペースをきれいにするために地球のあらゆる部分に平和のメッセージを送りました。

Nicholas Roerichは、1904年にまでさかのぼってロシアの都市への旅行から戻って来て、すべての人類の福祉の名の下に文化的記念物を保護する大きな必要性の彼の考えを表現しました。Roerichは1930年に国会議事堂委員会が満場一致で協定と平和の旗を支持することを決定したときにだけ彼の計画を実行することに成功した。彼の計画の主な目的は全世界の文化、芸術そして科学の価値を破壊と野蛮から守ることであり、それは戦争の間だけでなく平和の時にも現れる。

Roerich協定によると、すべての美術館、大聖堂、図書館、大学、記念碑、公共および私立の芸術および科学のコレクション、自然の記念碑、美しい場所は中立的なものと見なされ、条約に加盟した国によって保護および尊重されるべきです。Roerichのスケッチによれば、文化的建造物を中立的な物として指定するために、平和の旗が作られました。

「過去の高貴な遺産を輝かしい未来への危険から守るために早急な対策を講じることが不可欠です。これは本質的に一人ではなく世界に属する文化の宝物を守るために厳粛に誓うときに起こります。文化と平和の全盛期への別のアプローチを生み出すことができます。」

1931年から1932年の間に。ブルージュでの国際平和条約の代表的な国際会議が2回開催されました。その目的は、提案された規約の世界的な批准です。著名な著名人、学者、作家、そして芸術家たちは、このプロジェクトを推進するためのアイデアを支持しました。Romain RollandとBernard Shaw、Rabindranath TagoreとThomas Mann、Albert EinsteinとHG Wellsが契約を支持しました。

すべての国の文化を守るというアイデアを積極的に支持する委員会がアメリカとヨーロッパに設立されました。最後に、1935年4月15日、米国と、平和と平和の旗の21のラテンアメリカの共和国による厳格な批准プログラムがワシントンのホワイトハウスで開催されました。ルーズベルト大統領は、平和条約の意味について国際ラジオで素晴らしいスピーチを行いました。ヘンリーウォレス米国務長官は芸術的価値の保護に関する条約の調印を高く評価しました。

個々の国がそれぞれの特定の経済的および国家的問題を解決する時には、彼らはまた国の家族の一員として彼らに置かれている責任を認識することが必要です。彼らは他の国々の功績を理解することができるでしょう…私たちの時代は彼によって生まれたこの考えのためにNicholas Roerichに多大な責任を負うと感じます。」



文化協定 – ニコラス・レーリッヒ