放蕩息子の帰還 – Gverchino

放蕩息子の帰還   Gverchino

バロック様式のマスターであるGuercinoは、放蕩息子の福音書寓話を繰り返し語り、この芸術的運動の画家に内在するすべての情熱でそれを解釈しました。

この絵では、彼は家を出て遺産の一部を浪費した息子に戻って喜んでいた父親が彼に良い服を持ってくるように命じたときの様子を描いています。若い男は薄いリネンのシャツを着て、父は彼に服を持っているしもべを指しています。後ろ足で立っている犬は、新しく発見された飼い主の目を忠実に見ています。

作家はバロック芸術が可能であったすべての可視性で寓話を伝えます:彼のマスターは信者にキリスト教の宗教の基本を伝えるために鮮やかな形で求めました。

彼の作品で、Guerchinoは崇拝者に強い感情的な影響を及ぼそうとしました、それ故にキャンバスを描くことはより重要です:細部が書き出されて、体が満開で、密なひだに横たわるカーテンは有形です。しかし、キャラクターが描かれている理想化、そして作業空間に注がれている神聖な光はそれに崇高な態度を与えます。



放蕩息子の帰還 – Gverchino