戦士としての坂東彦三郎III鷺坂サナン – Tusyushay Syaraku

戦士としての坂東彦三郎III鷺坂サナン   Tusyushay Syaraku

これは彫刻にも当てはまります。このように、特定の地域のイメージとしてのランドスケープの新しい概念は、限られた量であるが、しかしDeshimaからXVIII-XIX世紀に国に浸透したヨーロッパの作品、主にオランダのエッチングの直接の影響の下で浮世絵で形成されます。

長崎にあるこのオランダの交易所は、江戸時代に広まった唯一のヨーロッパの知識源でした。Rangakusはこれにおいて特別な役割を果たしました。1720年以降、17世紀初頭に導入されたすべてのヨーロッパの禁止事項が緩和され、ヨーロッパの科学と芸術の研究が可能になったとき、日本では特別な方向、すなわち乱走が形成されました。

彼の仕事は、ランガクエを含む、利用可能なヨーロッパの知識の複合体を習得することでした。指導者らんがくえびば館とその信奉者は油絵と金属彫刻の両方に従事していた。



戦士としての坂東彦三郎III鷺坂サナン – Tusyushay Syaraku