慎重さ(鏡と蛇を持つ女性) – Hans Baldung

慎重さ(鏡と蛇を持つ女性)   Hans Baldung

ハンス・バルドゥン・グリーンは非常に独特の名人であり、そのルネサンスの特徴は中世の象徴、ファンタジー、そして新興のマネリズムの要素と複雑に絡み合っています。

一般的な中世の絵画には象徴がいっぱいです。ルネッサンスは芸術に古代をもたらし、美徳と悪徳についての多くの芸術作品が登場しました。彼らはしばしば反対した。多くの作品は美徳に的を絞っています。

Hans Baldunga Greenによる絵画「Prudence」 – 慎重さの寓意。芸術家は美しい若い裸の女性です、彼女の足で彼女は蛇を踏みます。そして、その人はあなたが知っているように、オリジナルの罪を犯すようにイブを納得させました。徳はそれを決して許可しません。しっかりとした真剣な表情、自分自身への没入、自分の情熱に対処し、それらを優越させる能力 – それは有名なドイツの芸術家の解釈における慎重さです。



慎重さ(鏡と蛇を持つ女性) – Hans Baldung