彼女の息子と一緒にハノーバーのウェールズアウグストゥスの王女 – Angelika Kaufman

彼女の息子と一緒にハノーバーのウェールズアウグストゥスの王女   Angelika Kaufman

スイス人アーティスト、アンジェリカ・カウフマン「ハノーバーのウェールズアウグストゥス妃の息子との絵画」の絵画。絵の大きさは271 x 187 cm、キャンバスに油彩。この二重像は公爵夫人の長男の誕生を記念しています。大きな床のお祝い花瓶には、戦いの中で恋をしている彼の勝利を記念して、姫の夫の名前を賛美する碑文があります。

1780年、カウフマンはイタリアに戻り、そこで彼女は華麗な歓迎を受け、画家アントニオズッキと結婚し、常に芸術家や科学者の間で交代しました。カウフマンは1807年にローマで亡くなりました。プロットが彼女の歴史、聖書と優雅な文学の作品を伝えたカウフマンの絵は、色が非常によく書かれていて楽しいですが、描くのが弱くて、表現に関して遅くなったり伸びたりしています。彼女の肖像画、特にカウフマンが彼女の独特の微妙な感覚で活気と優雅さを与える方法を知っていた女性の肖像画は、彼らの尊厳においてはるかに優れています。

主なカウフマンの絵画の中で:「トイトブルクの森での戦いからのゲルマニウムの帰還」、「彼の死床での若いパラスの灰」、そして「サマリア人の女性とキリストの会話」。サンクトペテルブルク芸術アカデミー美術館には、カウフマンの3つの陶芸作品があります。サンクトペテルブルクエルミタージュ美術館で – アベラードの別れへのエロイーズとスターンによるスターンの旅からの2つの場面を描いた彼女の絵のうちの3つ。



彼女の息子と一緒にハノーバーのウェールズアウグストゥスの王女 – Angelika Kaufman