役員と笑う女の子 – Jan Vermeer

役員と笑う女の子   Jan Vermeer

この作品は、オランダのバロック様式を代表するシンプルで魅力的な作品です。作品のプロットは、女の子と彼女のボーイフレンドの関係に基づいています。彼らは開いている窓の隣のテーブルに座っています。

手前の左側、役員が観客に背を向けて座っており、右側の女の子は微笑んでいます。彼女の後ろには装飾的な要素であるオランダの大きな地図の重さがかかっています。作品自体はオランダのジャンル絵画には比較的一般的ですが、フェルメールはそれを使って光と空間を使った作業の習熟度を証明します。文字の位置は深さの効果を高め、絵に親密な雰囲気を与えます。それはまさにキャラクターの親密さと態度で、フェルメールのテーマ作品を他のリアルな芸術家と区別しています。

芸術家の若者の偉大な絵画の一つは、17世紀の最高の巨匠の一人としての彼の評判を確認するものです。

写真は照明を扱う上でのVermeerの熟練度を示しています。例えば、主人公は、開いている窓を通って流れる暖かい光を浴びています。少女の顔と頭飾りは、日当たりの良いハイライトが点在する彼女のドレスの暗い袖とは対照的です。

“The Officer and Laughing Girl”には、フェルメールのレパートリーにとって全く新しい要素がいくつか含まれています。これは、他の画家がこの若手アーティストの作品に影響を与えたと研究者に信じさせます。フェルメールと、そのジャンルの芸術家、そして肖像画家、ジェラルド・ターボリとの知り合いが、マスターのスタイルの形成に大きな影響を与えたと考えられています。マスターの他の作品との文体的な違いにもかかわらず、「役員と笑う少女」は、カラヴァッジャに対するアーティストの絶え間ない興味を証明しています。

Terborchの作品との明らかな類似点に注目して、フェルメールによるこの構成は、主にスペースを使った素晴らしい作品によって、彼の同世代の作品の背景に対して際立っています。カメラのピンホールを使用して写真のボリュームを達成することが可能です。これは兵士の体型のわずかなゆがみ、いくつかの物の輪郭と色の混ざり合い、そして他の多くの徴候によって確認されます。この光学装置は、パースペクティブの構築における補助的な道具として使用され、フェルメールの前に積極的に使用されていましたが、その最初の言及は紀元前5世紀にあります。えー

このVermeerの作品はその後の作品よりも象徴性がはるかに少ないが、地図と開いた窓は外界への暗示をいくつか生み出している。おそらくアルコールの影響と純潔の重要な役割を暗示している。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

役員と笑う女の子 – Jan Vermeer