強さのアレゴリー(持続性) – Sandro Botticelli

強さのアレゴリー(持続性)   Sandro Botticelli

「若い頃、彼はフィレンツェの商店のためにアントニオとピエロポリオリオによって木に書かれたそれらの美徳の中でフォースフィギュアを書いた」ヴァサリ。

フィレンツェに特有の市民の考えに従って、Botticelliは道徳的な強さと確信を具体化する図を書きました。その輪郭ははっきりと描かれており、プラスチックの体積をはっきりと強調しています。ローブは静かに落ちて、ヴェロッキオの彫刻に見られるような広いひだを形成しています。

この彫刻家サンドロは、形の浮き彫りの理解、そして王座の細心の注意を払った宝石装飾の理解に従います。しかし同時に、彼の「強さ」は勇気あるエネルギーを表現することからかけ離れています。人物像は深い王座に着座していますが、その姿勢には不安定さが感じられ、頭と手が武器に神経質に触れたときの少し傾斜した傾きが、画像の内側の脆弱性を示しています。

この作品では、マスターアントニオ・デル・ポラーヨの影響がトレースされています。注意深く追跡された追跡された装甲は宝石類の達人の深い知識を与えます。

個々のボッティチェリのスタイルが感じられるという彼女の顔と姿勢の中で、王位の人物は活力と人生に満ちています。



強さのアレゴリー(持続性) – Sandro Botticelli