広尾地区の古川

広尾地区の古川

江戸の南西にはひろがはらの平野があり、長い間無人のままでした。江戸時代末期、市民がここに群がり始め、広が原の美しさを賞賛しました。次第に、最初のティーショップ、娯楽施設、レストランが現れ始めました、それらの1つ – レストラン「オヴァリア」は、彫刻で見ることができます。広ヶ原の主な見所は古川の小川でした。

多くの江戸の川のように、古川はそれが流れる地域によってその名前を変えました:渋谷川、日暮川、そして上流のコースだけ – 古川。この彫刻は四大橋の下での静かな流れを表しています – 第4橋は、また別名「相模の橋」です。事実、川のほとりには、広重が描いたよりも多くの寺院、一流の侍の邸宅がありました。

ここで市民を魅了したひろがはらのおもしろい特徴は、古川にある水車です。彫刻の後期バージョンは、特定の色の変更を受けました。地平線上の夕焼けの色が濃くなります。川岸の木々は丘に対して暗いシルエットを際立たせています。正方形のカルトゥーシュの色が赤に変わります。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

広尾地区の古川