市松模様のブラウス – Pierre Bonnard

市松模様のブラウス   Pierre Bonnard

この作品のモデルは、Bonnard Andreの妹でした。絵のフォーマットとプロットの選択は、日本のグラフィックとの関連を明らかにしています。「市松模様のブラウス」は伝統的な言葉の意味ではほとんど肖像画とは言えません。

アンドレのイメージは、ここでブルジョア社会の女性の集団的イメージとなり、アーティストの関心は主に装飾的な表面の創造に向けられています。何よりも、Bonnardは非常に様式化された白黒の好奇心の強い猫とのブラウスの赤と白のモザイク面の遊びに魅了されました。

「平面」と「表面」への彼の中毒にもかかわらず、この作品の中でBonnardは完全に空間的な深さを放棄しません。彼が純粋に平面的な「抽象的な」形で実験することはめったにないことに注意すべきです。「市松模様のブラウス – Bonnardは、自分自身の遠近感、光と質感、そして装飾芸術と応用芸術の理想との調和を図っています。



市松模様のブラウス – Pierre Bonnard